金曜倶楽部

猫背を伸ばして。

トゥットゥルー♪

今更ながらシュタゲの続編「シュタインズゲート ゼロ」をプレイ。

紅莉栖を救えなかった世界線の続きらオカリンが超大人しい。今作に鳳凰院凶真はいないのか…?

f:id:fridayclub:20170624232908j:image

今日は引きこもって徹夜ゲームだお

明日もずーっとゲームだお

雨だから仕方ないんだお

f:id:fridayclub:20170624233828j:image

「のりたま焼うどん」人気で品薄状態。今じゃなかなか手に入らないらしい。

お客さんにもらったから今晩の夜食だぷ。

では、サラダバー

 

記憶がにゃい

6/10 ?(土) 俺、ゆきちゃん

「ペンギン」で飲んで「五」で飯を食べた。

この日の記憶は飛んでいて、まともに喋れていたのかも怪しい日。

f:id:fridayclub:20170621120005j:image

なにか撮影を妨害されたような写真。なんだ。

f:id:fridayclub:20170621120026j:image

マジャクのから揚げ。グロうま。

f:id:fridayclub:20170621120049j:image

なにこれ、かまぼこ?何かのすり身ではあったような。

この日、ゆきちゃんに誕生日プレゼントをもらった。

珍味っぽいオリーブと珍味っぽいハム。

今年もらったプレゼントのほとんどが飲食物で、「これなら自分も飲み食いできるぞ」という企みが伝わる。ありがとう。

 

五の焼き場には最年長者のスタッフさんがいて、明らかに店主だなーって感じのオーラがあった。しかし、実はその人は店主ではなく、目パッチリの元気な若いスタッフさんがオーナーだったという。

15へぇ

インタビュー

俺は高卒なんだが、会社の事情で今後「学位」が必要になりそうで大学に通うことになりそうだ。
 気は進まない、かなりナーバスだ。俺は小学校の頃から勉強が大嫌いだった。先生に当てられ問題を解かされるんだけど、ろくに授業も聞かないもんだから当然解けない。俺にとって学問というのは苦痛そのものだった。テストの点数が悪けりゃ母親は俺を引っ叩き勉強を強要させたが、当然それは俺をますます勉強から遠ざけた。有り余るエネルギーは遊びに費やしてきた。

 小学3~4年生の頃だったか。とある休日、その日は母親と家で勉強をする約束だったんだが俺は脱走、もとい脱獄を計画していた。図書館で友達と勉強をすると母に告げる。名前を挙げた友達の印象の良かったのか、その日の検問はゆるく難なく俺は家から抜け出すことができた。図書館に行くのは嘘ではない。俺は自転車で30分ほどの百道の図書館に向かう。そこが友達との合流ポイントだった。
 
 4人くらいだったかな、それぞれが親を騙し家を抜け出せたようだ。脱獄囚が揃ったところで俺たちはさらに自転車で10分ほどの真の目的地ホークスタウンへ出発する。
(今は「ソフトバンクホークス」だけど、このときはまだ「ダイエーホークス」だった。隣接してる福岡ドームもシーホークホテルも今じゃ名前が変わってしまった。懐かしい。末期のホークスタウンは人もテナントもガラガラのゴーストタウンだったな。)

 ホークスタウンにはゲームセンター、映画館、雑貨、ボーリングが入っており、週末なんかは家族連れで館内はごった返していた。その中で、俺たちはゲームセンターへと走りメダルゲームを堪能した。
 メダルの落ちる場所や量にセンサー反応して始まるビンゴやスロット。当たりには大中小あるが、これが大当たりすると大量のメダルが降ってくる。それに俺たちは狂喜乱舞したもんだ。
 この頃はまだメダルを貯金できるシステムがなかったため、出したメダルは全部遊び切らなければならない。後半は仕事みたいなもんで、メダルを適当なゲームに流し込むんだが、そういう時に限って競馬ゲームで大穴を引いては悲鳴を上げて騒いだ。

遊びの〆にUFOキャッチャーでドラクエドラキー人形をゲットして帰った。
f:id:fridayclub:20170615124614p:plain
この時期は丁度ドラクエモンスターズが流行っており、ドラクエっ子の俺の心はとてもホクホクしていた。
 その帰り道に遊び疲れてたのか、百道浜の図書館の前でジュースを飲んで一服していたとき大人に声を掛けられる。

「君たち、テレビ出たくない?」
f:id:fridayclub:20170615124156p:plain

アガッた。
この日、俺たちはテレビデビューを果たした。俺たちの役目は明日のお天気のパネルをみんなで持ってサポートする。最後、小学校名と名前を名乗りインタビューに答えるものだった。


お天気お姉さん「どこの学校からきましたかー?」

俺たち「〇〇小学校からきましたー!」

お天気お姉さん「今日はなにをしてましたかー?!」


俺たち「図書館で勉強してました。」

当時、テレビデビューにテンションMAXの俺たちにしては意外にも頭はクールだったみたいで。この放送が親に見られる可能性がある。そこを利用して逆にアリバイをつくってやった。どうぞ観てくれやと言わんばかりに。

俺たちは日曜日を堪能して、それぞれが堂々の帰還を果たす。

はずだった
帰宅して母に問われる。

「あんた、勉強してないやろ。テレビでみたよ」

観たならわかるだろ。テレビ越しに勉強しましたと言ったはずだ。しかも図書館をバックに。


俺たちはやっぱりバカだったらしく、テレビに映るとき景品の人形を詰め込んだゲームセンターの袋を肩から下げていたらしい。

その日の事件は家族ではウケてたらしく、これといったお咎めはなかった。

という昔ばなし。
また勉強か。頑張るか。

デモの中継

テレビをつけるとデモの中継が流されていた。

f:id:fridayclub:20170614231257j:plain

2年前に安全保障関連法が可決されたとき「SEALDs」という集団が国会前でデモを起こしたのも記憶に新しい。
 あのデモにどれほどの効果があったのかは俺には分からない。そもそも国会の前でデモを起こすことが場違いなことだったと思う。乱暴に言えば国民が選んだ国会議員が法案を通しただけなんだから、「選んだのは自分達じゃん」って話で。それを国会前で反対反対と叫ぶあれは相当な珍事だったと思う。
 文句の矛先は国民に向けるべきであって、「あんな馬鹿を当選させようとしてるのはお前か!」とか、「ちゃんと投票行けよ!」って呼びかけるのが先のはず。それをいよいよ法案が可決されるって頃に国会の前で騒ぎ出すんだから。もう遅いよ!って話だ。
 ネットのSEALDs叩きも気持ち悪かったけど、あの集団は具体案も無くただ反対反対!と叫ぶだけで、それでいて何かを成し遂げだような顔。とどのつまり、あれらの行動は欲求不満な若者の八つ当たりだったのかなと思ってしまう。で、この安保法案の背景にはアメリカの存在があるのは明らかであるのに、SEALDsのパフォーマンスが妙にアメリカかぶれなのが何とも言えない。
 しかし、今中継で流れてるデモもみんなの目にも入る機会も増えたわけだし、投票する人間の意識を変えることができるならば彼らがよく口にする「民主主義」としての勝利なんだろうな。政治の知識や常識がないまま感情が先走ってたから愚かに映ってしまった部分もあったけど、最初に疑いを持って訴えた人は素直に凄いなー。とも思う。ネットでは相当バカにされちゃってたけど。

浜崎あゆみが祝う居酒屋

f:id:fridayclub:20170608191518j:plain f:id:fridayclub:20170608192146j:plain

この頃が好きだったなー。きゃわわ。

博多区「美野島商店街」の手前に「美野島通り」という寂れた侘び寂びのある通りがある。そんな通りに新しい店ができると当然目立つわけで。目立つというか「浮く」感じがしっくりくる。 

f:id:fridayclub:20170608111024j:image

開店した店の様子。花輪の送り主。

 

f:id:fridayclub:20170608111615j:image

浜崎あゆみより

これは本人なのか、ただの同姓同名のウケ狙い?

まあ、あゆは福岡出身なわけで、知り合いの開店祝いをするのは無くはない話でもある。あゆ世代の俺としてはバッタリ会えたら嬉しい.。

 最近の子は「あゆ」が「浜崎あゆみ」のことを指してるのか分からないらしい。「あゆ」というワードに対する反応は世代を分ける物差しになるらしい。

踏んだり蹴ったり

コンビニ弁当の添加物は身体に悪い。だから、なるべく弁当を作って会社に持っていくようにしているが、最近はどうも生活がだらしない。で、昼休みになると弁当がないから、ここしばらくは某コンビニ(微分積分みたいな名前の)で済ましている。身体に良くなくてもここの弁当は美味しくて気に入っている。
 おにぎりのラインナップなんて優秀で、次々と出てくる新作は舌を飽きさせない。開発意欲にはただただ関心する。さらには月に一度は行われるであろう「おにぎり100セール
一個140円もするこのおにぎりと出会ったのもこの100円セールのおかげだ
 f:id:fridayclub:20170607164208j:plain
「直焼きソーセージおにぎり」
 ガッツリいきたい。でもお腹の出っ張りが気になるワガママな俺を満足させてくれるガッツリ系おにぎりの原点にして頂点。今ではちゃんと140円出して食べる始末。

f:id:fridayclub:20170607192237j:plain
焼き飯おにぎりも美味いんだけど、それだけってなると味気ない。このあとにも続きを期待させるような味付けになっている。なんというか、「ラーメン食わせろ」という気分になっちゃうから気持ちを強く持たないとダメなおにぎり。長年の習慣で俺の頭には「ラーメンとチャーハンはセット」ってプログラミングされているんだろう。具材がすでに細かくパラパラなため、噛む回数も少ないのが物足りなさに繋がっているのかな。
 商品は売れないとリストラされる。これはどこのコンビニ、どんな店でもあることだけど、このコンビニは特にそうだと思う。
 俺が今まで気に入った商品はことごとくリストラされてきた。これは俺の味覚が一般とズレている証拠だ。しかし最近気に入った新作おにぎりに関してはアタリを引いたようで、どの商品も健在だ。顔も知らない客との奇妙な連帯感すら感じる。




と思ったらさっそく無くなっていた。


f:id:fridayclub:20170607170447j:plain
R,I,P 焼きおにぎり明太チーズ

f:id:fridayclub:20170607170452j:plain
R.I.P 胡麻たっぷり焼鮭おにぎり
こんなにオニウマいおにぎりがなぜリストラされてしまうのか。今ではあのおにぎりは幻だったのかとすら思う。それほどアッという間の出来事だった。頑張って買うから復活してほしい。

しかし今日は稀にみる空腹。おにぎりではちと役不足
f:id:fridayclub:20170607200924j:plain
「たっぷりマヨのピリ辛チキン」買うことにした。身体に悪そうなネーミング。しかし、これにも問題。
 もう何年も食べ続けているからこそ気付くことがある。普段と変わらぬペース配分で肉と米を食べているのだが、どうしても米が余る気配がする。米を覆う鶏が少なく感じられる。配置が悪いのだろうか、どうにか米を覆うように鶏の配置を移動させてみるが、どうも隙間があり守備が手薄になる。

間違いない。
鶏が一切れ減らされている。


責任者はどこか。

回転ファミレス

家の近くにくら寿司がある。100円寿司に行くのは今回が2回目だ。
 確か20歳くらいだったかな、その時に初めて100円寿司を食べたんだが、その食べた寿司がまあ不味いこと。帰りの車で「やっぱ100円寿司なんて食えたもんじゃねーな!」みたいなことを吐き捨てたのを覚えている。それからは100円寿司には近づかないし、CMが目に入れば「まーたやってるよ。不味いのに。笑」と、そんなことを思っていた。
 で、今回は気まぐれやらいろいろあってくら寿司に行くんだけど、美味かった。
f:id:fridayclub:20170606120822j:plain
このウニ、濃厚。100円でこれは美味すぎる。

幸先の良いスタートと久しぶりの回転寿司に俺の心は踊った。改めてメニューに目を通すと、なんとラーメンがある。
f:id:fridayclub:20170606120846j:plain
他にもポテト、から揚げ、ケーキ、ドーナツまである。
俺の知っていた回転寿司とはかけ離れている。しかしなんということだ、どれも美味い。
f:id:fridayclub:20170606121611p:plain
「あえて言おう。ここは回転ファミレスであると。」


f:id:fridayclub:20170606121650j:plain
メニューもタッチパネルか…便利だな。

ちょっと蛇足をつける。
俺は魚が好きだ。寿司屋で美味そうな魚がいれば優先的に食べる。しかし、回転寿司になると少し優先順位が変わる。ハンバーグ、トンカツ、チキン南蛮…。

もはや寿司とは思えない悪趣味なルックスの物ばかり食べてしまう。好きなんだ。こういうの。
「100円寿司まずい!」とか偉そうなこと言ったところで俺の舌は幼稚なのだ。俺は美味しい魚の握りはそこそこの良い店で食べればいいと思っている。でも、俺が好むその手のスナック感覚の寿司って、そこそこの店には置いてないわけで。じゃあ…ってことで今回くら寿司に向かったわけだ。
 回転寿司に行くならばジャンクな寿司をオススメする。その店にしかないのだから一度は体験するべきだと思う。例えば、アメリカに旅行に行ったとしたら俺は多分、日本料理屋さんを探して行くと思う。不味くてもいい、アメリカ人の感覚でつくる日本料理なんてそうそう食べられないと思うから。何事も経験よ。
 とは言ったものの、昨年、香港に行った際に日本料理店に入ったら普通にうまい「とんかつ」が出てきた反応に困った。店の名前を見ると「浜勝」と書いてあった。わざわざ香港で食べる必要はない店だ。家の近くにあるわ。
 中国に行ったときは、日本人多いの駐在員の街の日本料理店で「蕎麦」を頼んだ。不味くもないけど…蕎麦じゃない。蕎麦の形をした何かだった。日本食はやはり日本にかぎるなーという。