偽・金曜倶楽部

猫背を伸ばして。

合コンに行ってきた。

 

fridayclub.hateblo.jp

 

 

結果から言うと・・・大変だった。

 

20時30分にスタートの合コン。雨の中を小走り、なんとか5分前に店に到着。店内の個室へ案内されると、すでに女性陣4人が座って待機していた。

もうすでに俺は試されているのだろうか。

 

「女よりもっと早くに着いとけよ。あと下駄で来んな。」

そんな心の声が聞こえる。(´;ω;`)

適当に挨拶を済ませ着席し、改めて女性陣の顔を見渡すと。

 

(か、かわいいー・・・くない。可愛くない!!)

 

なるほどなるほどー。今日はそういう日ね。なるほどなるほど。

いいのいいの、今日は気分転換だし楽しければいいの。べべべ、別に下心とかないんだからね!か、勘違いしないでよねっ!!( ・`ω・´)

さて、名前は全員が揃ってからの自己紹介で聞くとして、とりあえず適当に世間話をしながら時間を潰すことにした。何気ない会話の中で彼女らの人となりは分かる。おそらくみんな俺より年上だろう。愛想良くしてくれるのは助かる。こういう時こそ「助け合い」だ。

 

時間もぼちぼちのところで、店員さんがやって来る 

店員「コースのお時間ですが・・・もう始められます?」

男たちはまだ来ていなかった 。この時で10分遅刻だ。

 f:id:fridayclub:20170712160521j:image

もう世間話では時間を誤魔化しきれない。すると一人の女が口を開いた。

 

女「ここ空調寒い。あとハイボール」ツーン

 

OK、お前はそういうタイプね。

俺は知っていた。さっきから嫌味のように腕時計をチラチラ確認していたことを。そしてやけに態度が高飛車なんだ。遅刻は俺たちが悪いけど…。

環境汚染の影響で生態系が狂ってしまい、我々人間は「ブス美」という説明不能な生き物を生み出してしまった。便利で豊かな時代になったものの、光と影。俺たちは人の犯した所業を忘れてはならない。Facebookでブス美の名前を見かけるたびに俺はそう思う。

 

fridayclub.hateblo.jp

 

ブス美程ではないが、この女も同じようなタイプだろう。かわいそうに。

とりあえず飲みは今いるメンバーで始めることにした。みんなでメニューを覗き何にするか考えていたところに、一人の男が現われた。

その男は俺の先輩の友達らしく、俺とは初対面だった。そしてその男、なぜかキレているのだ。

可愛くないから???お気に召さない感じ???でも他に理由はないよね。

歳は37歳らしいが、若々しく男前だ。しかしそんなの関係ない。今この場には2人の不安要素を抱えていることが問題だ。

開始から30分、ようやく先輩と先輩のツレが到着した。これでメンツは揃った。

揃ったところで雰囲気は微妙なままだったが、お酒も入り会話もそこそこに賑やかなものにはなっていた。

俺は向かいに座っていた真由子(仮名 31歳)と話していた。真由子は優しかった。

突拍子もなく「下駄、かわいいね」と褒めてくれた。仕事は看護師。なるほど、気が利くわけだ。仕事の話などで会話が弾み、俺は胸を撫で下ろしていた。

周りを見ると、みんなそれぞれが対面の女性と話すという個人種目的な飲み方になっていた。

すると、ある人物の様子が気になる。キレていた男だ。

ちらっと様子を見ると、まあそこそこ楽しんでいる風ではあった。が、すぐに問題が起きた。

 

キレ男「ようし、カラオケ行くぞ。」

 

ラストオーダーまでまだ20分はある。このキレ男、相当に気分屋らしい。さらに相当酔っぱらっていたようだ。

えぇー・・・・みたいな空気になるもキレ男は譲らない。この男に協調性というものが致命的に欠けているようだ。

さあ、こう来ると「あの女」が黙ってる訳がない。あの高飛車な女が。

 

女「」

 

無言。

読めない。こいつの心が。ただキレ男に構うのが面倒臭いのか?だったら気が合うじゃないか。俺たち今日初めて分かり合えたな。

 

女「行く」

 

OK、好きなんだね。カラオケ。そういうとこでキレたりしないんだな。

やっぱお前のことわかんねーや。

 

キレ男「ようし、シメのラーメン行くぞ!」

 

キレ男、お前は早くその気分屋を廃業しろ!

そんなこんな話をまとめようとしているうちに飲み放題の時間が終了し、2次会はカラオケに行くことになった。が、俺は辞退した。次の日の仕事に差し支えるというもっともらしい理由で。社交辞令チックな流れで連絡先を交換して帰路に着いた。

 

いやー、ちかっぱ疲れたって話。('ω')ノ

 いろんな人がいるんだな~。

今日は合コンというやつです

ついさっき先輩からメールが届いた。なーんと合コンに誘われたのだ。
そのメールの内容は、「人が足りなくなった。」
つまり代打。補欠合格・・・!!

実に3年ぶりの合コン。
嫌いじゃない・・・酒!・・・女!!

しかし今日声を掛けてくれたのは非常に有難かった。仕事のストレスで禿げそうな勢いだった。
よし飲むぞー('ω')ノ

雨が降ってよかったこと

大雨洪水警報が出た朝倉の知人の家から写真が送られてきた。

f:id:fridayclub:20170707105334j:image

ひいいいいいいいい

実に生々しい写真だ。行方不明者も10人に増えている。

被害者の方には悪いけど、東北と熊本の震災を経て防災意識が高まったのか、行方不明者10人というのは被害が少ないと思った。さらに悪いけど、今回の雨は「恵みの雨」でもあった。

f:id:fridayclub:20170707110418j:image

今回の雨が降るまで、ダムの貯水率60パーセントを下回っていた。今年の6月は完全に空梅雨だったので、このままでは20年ぶりに断水になってしまうのではないかと。

来週も雨だしどうやらその心配もなさそうだ。(・ω・)

と思ったら雨が直撃した朝倉市が現在断水中という…。

 

顔文字を使うと一気にブログっぽくなることが分かったぞ。

 

サラダバー('ω')ノ

化粧とスッピン

女性の化粧はすごい。化粧品がすごいのか、当人の技術がすごいのか、はたまた両方か。とにかくすごいなと感心する。だってすっぴんとのギャップがすごいんだもの。
そんな女性のスッピンを見たとき俺たち男は何を思うかと言うと。

・幼くてかわいい。
・意外と普通。
・まあ、面影はある。
・これから割り勘な。
・▶︎たたかう
  にげる


大体はどれかに当てはまると思う。
化粧の上から素顔なんてのはなかなか見抜けない。そのギャップを良い事に「スッピンはこんなんでーす笑」という自虐ネタに走る女性たちがネットに現れ始めたのは8年ほど前からか。ニコニコ動画「アキラ」という女性だった気がする。
これね。
f:id:fridayclub:20170606100722j:plain
とにかく関心した。すごいよ。
で、それからだ。芸能人がブログでスッピンを公開し始めたのは。
「私はスッピンでもかわいいから!!」みたいなアレ。
なんだろう、がっつり画像を加工してる感じが全然フェアじゃねえって話。
興味本位でコメント欄を覗くと「かわいい!」だの「若い!」だのチヤホヤとヌルい読者のコメントがダラダラダラダラ・・・。みんな仲良し!

しかしまぁ、嘘を嘘と思わせない
「もとから美人風メイク」
f:id:fridayclub:20170606085630j:plain
これいかに。これは小癪すぎるぞ!女!

俺たち男が女性のスッピン拝めるのは、段階を踏まえて考えるとお付き合いが完了してからだろう。緊張の結果発表はそれからだ。俺たちはその度に戦戦慄慄しなければならない。

女の化粧はクジのようなところがある。
駄菓子屋でお菓子買ってハズレくじ引いても「あの、すいません。引いたらハズレくじだったんですけど…」とかいちいち文句は言えん。返品なんかできない。同じだ。納得するしかないのだ。
しかし化粧とはかけ離れた素顔を急に見せられると場合によっては肉離れを起こし兼ねない。人間、基本的に嘘が嫌いだからね。
付き合う前のデートの段階で徐々に化粧を薄くしてくれるってのはどうだろう。プールの時も心臓のために手足から水を掛けるだろう。そんな感じだ。

これは男目線の話だが、逆に女性は男のどの部分に期待や幻滅をするんだろう。

トゥットゥルー♪

今更ながらシュタゲの続編「シュタインズゲート ゼロ」をプレイ。

紅莉栖を救えなかった世界線の続きらオカリンが超大人しい。今作に鳳凰院凶真はいないのか…?

f:id:fridayclub:20170624232908j:image

今日は引きこもって徹夜ゲームだお

明日もずーっとゲームだお

雨だから仕方ないんだお

f:id:fridayclub:20170624233828j:image

「のりたま焼うどん」人気で品薄状態。今じゃなかなか手に入らないらしい。

お客さんにもらったから今晩の夜食だぷ。

では、サラダバー

 

記憶がにゃい

6/10 ?(土) 俺、ゆきちゃん

「ペンギン」で飲んで「五」で飯を食べた。

この日の記憶は飛んでいて、まともに喋れていたのかも怪しい日。

f:id:fridayclub:20170621120005j:image

なにか撮影を妨害されたような写真。なんだ。

f:id:fridayclub:20170621120026j:image

マジャクのから揚げ。グロうま。

f:id:fridayclub:20170621120049j:image

なにこれ、かまぼこ?何かのすり身ではあったような。

この日、ゆきちゃんに誕生日プレゼントをもらった。

珍味っぽいオリーブと珍味っぽいハム。

今年もらったプレゼントのほとんどが飲食物で、「これなら自分も飲み食いできるぞ」という企みが伝わる。ありがとう。

 

五の焼き場には最年長者のスタッフさんがいて、明らかに店主だなーって感じのオーラがあった。しかし、実はその人は店主ではなく、目パッチリの元気な若いスタッフさんがオーナーだったという。

15へぇ

インタビュー

俺は高卒なんだが、会社の事情で今後「学位」が必要になりそうで大学に通うことになりそうだ。
 気は進まない、かなりナーバスだ。俺は小学校の頃から勉強が大嫌いだった。先生に当てられ問題を解かされるんだけど、ろくに授業も聞かないもんだから当然解けない。俺にとって学問というのは苦痛そのものだった。テストの点数が悪けりゃ母親は俺を引っ叩き勉強を強要させたが、当然それは俺をますます勉強から遠ざけた。有り余るエネルギーは遊びに費やしてきた。

 小学3~4年生の頃だったか。とある休日、その日は母親と家で勉強をする約束だったんだが俺は脱走、もとい脱獄を計画していた。図書館で友達と勉強をすると母に告げる。名前を挙げた友達の印象の良かったのか、その日の検問はゆるく難なく俺は家から抜け出すことができた。図書館に行くのは嘘ではない。俺は自転車で30分ほどの百道の図書館に向かう。そこが友達との合流ポイントだった。
 
 4人くらいだったかな、それぞれが親を騙し家を抜け出せたようだ。脱獄囚が揃ったところで俺たちはさらに自転車で10分ほどの真の目的地ホークスタウンへ出発する。
(今は「ソフトバンクホークス」だけど、このときはまだ「ダイエーホークス」だった。隣接してる福岡ドームもシーホークホテルも今じゃ名前が変わってしまった。懐かしい。末期のホークスタウンは人もテナントもガラガラのゴーストタウンだったな。)

 ホークスタウンにはゲームセンター、映画館、雑貨、ボーリングが入っており、週末なんかは家族連れで館内はごった返していた。その中で、俺たちはゲームセンターへと走りメダルゲームを堪能した。
 メダルの落ちる場所や量にセンサー反応して始まるビンゴやスロット。当たりには大中小あるが、これが大当たりすると大量のメダルが降ってくる。それに俺たちは狂喜乱舞したもんだ。
 この頃はまだメダルを貯金できるシステムがなかったため、出したメダルは全部遊び切らなければならない。後半は仕事みたいなもんで、メダルを適当なゲームに流し込むんだが、そういう時に限って競馬ゲームで大穴を引いては悲鳴を上げて騒いだ。

遊びの〆にUFOキャッチャーでドラクエドラキー人形をゲットして帰った。
f:id:fridayclub:20170615124614p:plain
この時期は丁度ドラクエモンスターズが流行っており、ドラクエっ子の俺の心はとてもホクホクしていた。
 その帰り道に遊び疲れてたのか、百道浜の図書館の前でジュースを飲んで一服していたとき大人に声を掛けられる。

「君たち、テレビ出たくない?」
f:id:fridayclub:20170615124156p:plain

アガッた。
この日、俺たちはテレビデビューを果たした。俺たちの役目は明日のお天気のパネルをみんなで持ってサポートする。最後、小学校名と名前を名乗りインタビューに答えるものだった。


お天気お姉さん「どこの学校からきましたかー?」

俺たち「〇〇小学校からきましたー!」

お天気お姉さん「今日はなにをしてましたかー?!」


俺たち「図書館で勉強してました。」

当時、テレビデビューにテンションMAXの俺たちにしては意外にも頭はクールだったみたいで。この放送が親に見られる可能性がある。そこを利用して逆にアリバイをつくってやった。どうぞ観てくれやと言わんばかりに。

俺たちは日曜日を堪能して、それぞれが堂々の帰還を果たす。

はずだった
帰宅して母に問われる。

「あんた、勉強してないやろ。テレビでみたよ」

観たならわかるだろ。テレビ越しに勉強しましたと言ったはずだ。しかも図書館をバックに。


俺たちはやっぱりバカだったらしく、テレビに映るとき景品の人形を詰め込んだゲームセンターの袋を肩から下げていたらしい。

その日の事件は家族ではウケてたらしく、これといったお咎めはなかった。

という昔ばなし。
また勉強か。頑張るか。